【気になる相手をグッとひきつける会話術講座】〜別れ際に暗示をかける〜

C777_meganewokakenaosujyosei500.jpg


テキサス大学の心理学者、リチャード・アーチャーが66名の大学生を対象に行った実験によると


会話の中にもある一定の守るべき順番というものがあることが判明しました。



その中で2つのテクニックを紹介しましょう。



一つは、「話が盛り上がってきたところで帰る」というテクニックです。


これをすると相手は「もの足りなさ」を感じるため、


もっと話したいまた会いたい、と、思うようになります。



メインディッシュを取り上げられたような感覚にも陥るというわけです。





もう一つは「別れ際に暗示をかけること」です。



別れ際になって「そういえばオレ、まだ話していないことがあるんだよね」と言います。


そこですかさず、「今度メールでゆっくり話すよ」とか


「明日電話するから、そのときにでも話そう」といって


さっさと別れるのです。



これをすることで、相手の関心を引きつけたままで、次へとつなげることができます。



この別れ際の暗示は、相手を思いのままにするために


かなりの効果がありますのでぜひ試してみてください。



内藤詮人 人を魅了する暗示の技術より 




別れ際に暗示をかければ、必ず『次』につながる




posted by 会話マスターゼロ at 00:41 | Comment(0) | 恋愛心理学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。