友達づてでアピールすることで関係を発展させる方法 〜フィキシング・ソリューション効果〜

PAK75_kanpaishiyouyo500.jpg


気になる異性と自分との間に共通の友人がいる場合


その友人を通じて自分の良い点を伝えてもらうと、相手からの評価が格段にアップする。


この時に、友人が異性(相手と同性)であれば、なお高い効果が望める。



これをウインザー効果という。






また、人は自分の考えを相手に言われることで


「やっぱり間違っていなかった」と考え、印象を定着させる。



これを「フィキシング・ソリューション効果」と呼ぶ。



相手があなたに好意を抱いていた場合、第三者がそれに同意することで


好意はさらに強固な思いに進化する。



宝島社 心理学大全より 




posted by 会話マスターゼロ at 00:38 | Comment(0) | 恋愛心理学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。